スタッフィのサイトです。
稼げる 特定 平日 経歴 charismagolfman ビューロー 免責 破産 最新 大臣 申込み 規模 書類 都合 芝田 最小 減る 返す 社会 希望 めずらしく 鈴鹿 習志野 金沢 キャッシングカード 無利息 近畿 レディース ちゃい 太田

無いとは?/ スタッフィ

[ 341] 栄養の無いサプリメント
[引用サイト]  http://sekina.exblog.jp/

まあ、私の作業は既にあとがき含めてほぼ終了済み(校正ありますけど)なので、よっぽどのこと無い限り、変更云々は無いかと。
ショーの台本練ったり、ゲーム作ったり、取材受けたり、購買について考えたり、謎の美少女(?)が顕れたり、なんと珍しく会長が働いたり、とある人物の過去がまた明かされたり、妙なことを企んだりと、相変わらずアホなことに全力投球しています。空回りする青春!
個人的に、二巻まで読んでくれた人は、とりあえず読んでみて欲しいところです。伏線ちょろっと回収始まってますので。
まあ、生徒会って、追い詰められた精神状態じゃとても書けないタイプの話な気がしますしね。こんなペースが、案外丁度いいのかも。
以前、生徒会の一存が発売された頃のブログで、ゲーマーズ町田店の店員さんにちょっと話しかけて売り上げを聞いてみたという話をしましたが。
あれから、それをキッカケに実はちょっとその方とメール等で親交ありまして。やはり、自分から積極的に動いてみるものですね。本日お話を窺う機会があったのですが、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました。
なんか、このブログでは異様に町田店さんを推していて、回し者の空気ぷんぷんですが、そもそもお世話になりまくっているのは私ですので、実はこれでも足りてないぐらいですよ。
勿論、出版社や会社を通しての関係ではないので、あまり大きな、勝手なことは出来ないとこあるのですが。それでも、ちょっとサインやらなにやら、させて貰いました。……意味、あったかなぁ。未だに自分のサインに価値を見出せずにいる人間ですので、恩返しになっているか不安です(笑)。
そして、凄く面白い話も沢山聞かせて頂きました。やっぱり、他業種の人の話は、聴いていて本当に参考になります。売り場の話なんて、ただ書いているだけじゃ、絶対分からないですからね。
自分は書くだけでも、そこから、担当さんを始め色んな人が関わって、一つの商品が流通するのだなぁと、なにか感慨深いものが。
そして、売り場の話が参考になるとは言っても、そもそも、売り場の動向に合わせて小説書けるような器用な人間じゃ、絶対ないですけど。
もともとバイトでコンビニ店員やってたこともあり、客商売の人の話は聞いていて「分かるわ〜」ということも多いですし(笑)。
そんなにちょくちょく出来ることじゃないですけど、こういう風に、普通に生活しているだけではガッツリ話せない人の話を聴く機会は、また欲しいなぁ。
……なんか最近、ひきこもりが高じたのか、人と会うと長々と駄弁ってしまう悪い癖があって、それも考え物なのですが。相手の迷惑的な意味で。
*ちなみに、こっそり町田店さんのサイン色紙のうちの一枚で「店」の字を間違っていたりします。すげーアホっぷりを晒してます。ある意味レアなので見てみるのもアリかも。
ただ、間違ってない方もあり、差し替える可能性もあるので、いつまで見れるかは不確定です。間違ってなかったら、「葵の野郎……対処しやがった」と、拳を握り締めてやって下さい。
ただ、私自身、子供の頃ほど「そういう番組」に熱中しなくなったところあるかも。私だけじゃなく、皆ある程度飽きたのでしょうか。最近、あんまりそういうのメインに扱う番組なくなってきましたから。
私が小学生の頃は、もっと、かなりの頻度で「UFO」や「幽霊」を特集した番組あった気がするんですけどね。流石にやりすぎた感あるため、今の時代向きではないのでしょう。
私も、信じてるか信じてないかで言ったら……ううん、多分信じてる側なのですが。それでも、最近の「実際の映像」系は、なんか穿った目で見てしまいます。ハナから本物だと思って見てないというか。実際、あからさまな作り物が氾濫しまくっているというか。
それこそ今はCGを始めとした映像技術が、「リアルよりも凄いもの」を簡単に作っちゃうので、そういうものにインパクトないんでしょうねぇ。インパクト出そうとすると、ただの作り物映像に見えちゃいますし。
ちっちゃい頃にハマっていれたのは、子供の目だからっていうのもありますが、まだ今ほど「どうせ○○なんだろ」的な知識が一般に浸透していなかったり、作り物だとしても、魅力的な映像が多かったからかもしれません。
今は……映画館行けば、超弩級の不思議映像てんこもりですので。未知の物に対するロマンは失われつつあるのかも。
なんというか、実話系が減ったことで、創作系の怪談やらなにやらまで減ってしまったことが寂しいのだったり。
実際、私、創作でいいんですよ。怖い話なんて。……勿論、それを「実話」という前置きでやって人を騙すのは、あんまりいいことではないのですけど。
あれは、結構あからさまに創作なんだけれど、それでも、どこかでまだ現実と地平続きで、それでいて、色んな人の間を通ったことによって、凄く「うまい話」に洗練されていて。
超能力に関しては……ううん、なんか、ツッコミ所満載の人はもういいや。「スタジオじゃ、邪念が満ちてて能力発揮出来ない」とか。なんかあれ、私は本当に嫌い。
例え能力を持っているのが事実だとしても、テレビの前に出てきて「○○が出来る!」と宣言してお金を貰って、視聴者の期待まで煽っておいて、なにも提供せず帰るのはなんか違うかと。
ひねくれた意見ですが、私は別に、トリックありきでもいいんです。でも、「仕事」である以上、最低限義務を果たすというか、エンタテイメントは提供しないと、それは違うんじゃないかなーと。
なんか超能力に関してだけ意見厳しめですけど、幽霊話やUFOに関する与太話と違って、「超能力者」っていうのは……なんかこう、生臭いんですよね。勿論、いてもいいし、私個人としては、そういう不思議な能力ってあってほしいのです。でも……個人にお金発生しちゃっている感が、なんとも。
と言いつつ、作中には霊能力者や超能力者バンバン出す私。……やっぱり、「いてほしい」んでしょうね。身近な非日常という意味で。
とにかく、こんな世の中だからこそ、もっと、荒唐無稽な超常現象話が出てきていいと思うのです。作り話前提でもいいから。
遥か昔の……世界のカタチがまだ分からない頃の、海図に巨大な化物が書いてあるのとかあるじゃないですか。ああいうのが、大好き。誰かの妄想でしかないのに、「もしかしたら」と夢を抱かせる怪奇。
完全に言い訳なのですが、一人暮らしだと、手間や食材調達のこと考えると、安い弁当でも買った方が効率良い部分も多々あり。勿論、究極的にはうまく自炊するのが一番いいのですけどね。私のような人間だと、食材を使い切れないわ、一食作るのに時間かかりまくるわで、結構調理が大変なのです。
そんなわけで、あまり健康的とは言えない食生活な気がします。まあ、自分で変なもん作って体壊すよりはいいのですが。
冬は「鍋」という、素晴らしい選択肢があって良かったのですけどねぇ……。調理時間もかからなく、栄養バランスよくて、しかも美味い。一度沢山作れば、一人暮らしなら三食いけたりもする(ちょっと変えますけど)。
そうそう、最近近所のラーメン屋で、ラーメン頼まず「定食」を頼みました。……これが、なんか、フツーに美味しかった。
この「フツー」っていうのは、本当に「フツー」でして。特に何が凄く美味しいというわけでもないのに、最後まで飽きずに食べちゃうというか。……恐るべし、庶民の味。
ボリュームが多くて、「半ラーメン」「生姜焼き」「レタス大盛り」「冷奴」「豚汁」「漬物」「ごはん」と、私のような少食人間にはキツイラインナップだったのですが……なんかぺロリと全部食べてしまいました。思い返しても、別に特殊な美味さはなかったのに。……深い。
まぎらわしいのですが、前回ブログでは「七月号」ではなくて、「七月発売」と表記しております。今一度、ご確認くださいませ。
……でも確かに、雑誌の表記はなかなかまぎらわしいので、次からは発売日と号数を表記していこうと思います。
そして、イチブイさんでも広告されてますが、本日、「神聖のレジスタ」(作:北山大詩さん)が発売でございます。北山さん、遂にファンタジア文庫進出! というわけで、どうぞよろしくお願いします。
まず、かなり何度も告知しちゃってますが、今日発売のドラマガに「二年B組の一存」というミニ文庫が付録としてついてきています。やりすぎな分量なので、気になる方は要チェック。真冬大喜びのお話でございます(笑)。
中目黒善樹は、この一作のみの主人公です。杉崎や蛍と違いアクがない主人公ですが、個人的になんか気に入ってます。フツーの人生、フツーの悩み、そして、フツーからの脱却みたいなのが、ストレートな人物なので。そして強い子。主人公に「なる」過程の人物というか。
ちなみに、担当さんに「私の中で『ヒロイン』としてかなり魅力的なんですが、中目黒」と言ったら、ドン引きされました。……お、おかしいなぁ。
ドラマガで「生徒会の一存、○○○化!」と告知されています。が、当然、ここでぼかされている以上、ブログでも詳しくは発表できず。続報を待って下さい。そんなに待たせないと思います。
生徒会、また色々やってます。次回も今回と同じくらい、生徒会読者さんなら「買い」のドラマガだと思います。
シャープペンがついてきます。生徒会グッズ。……担当さんが一晩でやってくれました。いえ、一晩は嘘ですが。ジェバ○ニさんばりの大活躍。というか、私はなーんもしてません。ので、どんなものか私もほぼ分かってません。……楽しみ。
とってもありがたくて嬉しいことです。ただ、私が何かした結果ではありませんので、これもやっぱり担当さんを始めとした編集さん方のお力だと思います。本当に、ありがたい限りです。
でも、なんだかんだ言って一巻発売から半年ぐらい経過しているのですが……なんか不思議。昔のドラマガを良く知っているわけではないのですが、毎月刊行でしたり、もっと早いものがありそうな気がするのですが……。
また、疲労と言っても、運動性の疲労というわけでもないので、ゆっくり部屋にひきこもっていれば回復するというわけでもなく。
全く意味の分からない書き出しになりましたが。ちょっと前にウェブ拍手で「ガンダムバトルクロニクルでは何を使ってましたか?」と聞かれていたので、回答。基本全部使ってみて楽しんでましたが、やっぱり強いのが好きなのですよ。
土曜夜から日曜朝にかけて、イチブイハウスに行ってきました。詳しくは例の如くイチブイさんに丸投げ体制ですが、いつものように、がっつり喋ったりゲームしたりしてきましたよ。
今回はいつもの近隣同期メンバーに加え細音さんもお誘いして、五人でダッラダラしてました。密室で五人の人間が駄弁るという生徒会的状況ですが、基本的にインドアな人々の集まりなので、ある種いきいきはしているのかも。
イチブイハウスは完全にガンダム部屋で、大勢のガンダムに見守られながら会合でした。人類よりガンダムの方が遥かに多いって、どういうことでしょう。人の居場所をガンダムがガリガリ奪っていってます。恐るべし、イチブイハウス。……プラモ趣味というのは、かくも修羅の道なのかと一人、怯えておりました。良かった、ゲーム趣味は場所取らなくて(笑)。
さて、イチブイさんで詳しく語られそうなので、私の方では私らしく「ゲーム部分」にスポットを当ててしまうと。
今回は、「ゲーム部屋」たる我が家ほどガッツリやっていたわけではないのですが、マリオカートやスマブラでフツーに対戦してました。いたストも含め、基本的に全員、遠慮とか一切しない大人げ無さが素晴らしいです。というか、経験者たる私や石踏さんなんかが手加減する場面なのですが、問答無用で初心者を蹴落とす外道達です。
石踏さんは絶叫とかせずにひっそりと、しれーっと勝利を奪っていき、瀬尾さんは「コントローラー操作に慣れる!」という勝負以前のところに目標を置き(クジラのソラ作者なのにっ!)、細音さんは先輩への接待プレイをすっかり忘れて勝っていきます。
私はと言えば、経験者の癖に本気で取り組み、全員からギンギンに敵視されるという、軽いいじめを受けてきました。自業自得すぎますが。
やっぱり、「四人対戦」出来るものっていうのは偉大だなと。五人だったので一人見守る形式にはなりますが、それでも、一度に四人がそれぞれの思惑を持って動くというのは、いい塩梅にカオスで賑やかです。
ゲームにもよりますが、二人対戦だと、それこそガッツリバトルになってしまうとこありますしね。三人以上って、いい意味で予測不能で「偏る」ので、飽きないとこあるのかも。
あと、「接待プレイ」云々言いましたが、ああいうのは変に遠慮する関係だと、逆に微妙なんでしょうね。大人気なく全力でやってこそ、笑えるとこあるというか。
今日のはプライベートですけど、小説が売れたりすると、人と会うことや執筆する以外の仕事が増えてしまうのかもなぁと、ちょっと心配気味。……いや、お前、まずは売れてから言えって話なのですが。調子こきました。すいません。ひきこもりなもので、ひきこもらない日が数日続くと、なんか精神状態がおかしなことに……(笑)。
とはいえ、なんだかんだで150時間以上やったんですよ。及第点ですよね? ですよね? ソロプレイなら、及第点って言っていいよね?
ただ、最近、モンハンどころかゲームを起動してない感がありまして。別にゲーム離れした気はサラサラなくて、ファミ通だって毎週じっくり読む男なのですが、なんか、手が回らない。そして、個人的注目作がない。
ここ数日意外と外に出てること多かったもので。いえ、ブログ書く暇もないほど目まぐるしいわけではないのですが、出かけて帰ってくると、疲れてたりするのもあって、すぐ寝ちゃう傾向にあり。結果、妙に空く事に。
水曜は、夜に打ち合わせがあり。それ自体かなーり大変だったのですが、その後担当さんと食事してたら、アラ不思議、いつの間にか二時間以上も……。
で、今日。八時ぐらいにパチリと目が覚め、寝なおそうかと思ったものの、ふと、急に「映画でも見てくるか」と思い立ち。いえ、平日の朝一番で行ったら、空いているかなーと思ったもので。思い立ったが吉日とばかりに、パパッとネットで上映場所や時間調べ、9時半から海老名で見れる(ミスト)を知り、身支度して、起床から30分後には出発。……妙にアクティブ。らしくない。
ただ、映画が物凄く見たいというよりは、それにかこつけて、「海老名」に行ってみたかったのもあったり。あんまり行く機会なかったので。
で、九時半からガラガラな劇場でゆったりミストを見て、その寝ぼけ眼で見るにはあまりに心臓に悪い演出に一人「ビクッ」とかなりつつ、鑑賞終了。
丁度昼時だったので昼食とろうかと思ったものの、それこそ「丁度昼時」。うんざりするほど満席だらけなので、しばらくショッピングすることに。
なんか、毎回どっか行く度に言っている気がしますが。渋谷行っても池袋行っても藤沢行っても、どこも褒めている気がしますが。出身が田舎なので、ハードルが低いのかもしれませんが。
でも、海老名のお気に入り度合いは、かなり高いです。私の中の「次に引っ越したい街ランキング」、首位に食い込んできてしまったかんじ。
いい塩梅に都会であるにも関わらず、都心ほど人が多くない(平日なのもありましたが)のも、かなり良かったです。なんか、落ち着いた街でした。すんごく住みやすそう。
で、やろうと思ってブログを書き始めたはいいものの、ちょっと明かすだけでネタバレたる部分多いので、とりあえず主要キャラ紹介(それさえ多少規制)だけしておきたいと思います。
生徒会と違って割合うろうろはしますが、基本やっていることはアホなことです。第一話だけはシリアス方面ですが。
今気付きましたが、本編と違って男性の割合高いですね。なんでだろう。恋愛方面一切無いので、驚くほど問題なしでした。ハーレムとは違った、普通の「クラスの仲良し集団」たる側面が強いのかも。休み時間が楽しそうです。

 

戻る

スタッフィのサイトです。

スタッフィのサイトです。