スタッフィのサイトです。
多重 端末 あくまでも 甲府 携帯 会費 許容 通販 三鷹 概要 小牧 いとこ クレジットカードネットキャッシング 振込み 払っ ディック 姫路 会員 豊橋 総合 鹿児島 草加 貸し 多く 申し込み いただけ 営業 アナタ デコメール 新聞

推定とは?/ スタッフィ

[ 191] Amazon.co.jp: 推定少女 (ファミ通文庫): 桜庭 一樹: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a?¨aR?a°?a\3-a??a?!a??e?a??ao≪-a!?ao--a,a¨1/dp/4757719957

「あんまりがんばらずに、生きていきたいなぁ」巣篭カナは、そんな言葉を呟いてしまう15歳の少女。ある夜、家族とのトラブルから家出し、町のダストシュートで、とんでもないものを発見する。―それは、銃を握ったまま眠る全裸の少女だった!UFO出現と銃撃事件で大騒ぎの町を、眠りから覚めた少女“白雪”とカナは逃亡する。東京へ着いたふたりは火器戦士の千晴に出会い行動を共にするが、そこへ黒い謎の影が―!?新世代青春エンタテイメント登場。
ニュースで子供たちの思想の自由を訴える評論家。犯罪に走った少年少女を弁護する心理学者。学費を払ってくれるひと。しいては「子供たちの味方」。 年下の女の子が大好きな男性。子供でも入れる銃火器のお店。教育に悪い「子供たちの敵」。 この本を読み終わって、そんな大人の思い込みがいっさい逆転した「本当の子供の世界」を書いた話なのだと感じた。 つまりはこの話で、主人公の少女にとって前者は「敵」で後者は「味方」として描かれていたわけで。 そういう感覚のズレがテーマのひとつだと思う。 結論を言うと、実際その年頃の子供たちや、そのころの心を無くしていない大人たちが読んで共感するのを目的に書かれている本という印象だ。 それ以外にも、「大人」と「子供」の間のさまざまなズレ。 例えば、いわゆる「大人の精神」をもって分析するつもりで読めば、「登場人物たちは何もわかっていない」という感想を抱くはずだ。 そのとおり、この年頃の子供なんて何もわかっちゃいない。 だけど現実に大人たちは「いくら子供だからってそのくらいわかっているだろう」というような態度で接する。 その辺りのズレから生まれてくるもの。 ごく普通の中学三年生の少女が体験した不思議な出来事の中での、交わされる会話の中には、そんな空気が流れている。 特に「愛してる」という言葉に関する云々は一読の価値あり。 最後のまとめ方や投げっぱなしの謎などが難だったために星は一個ひいたが、本来話の筋を楽しむ話ではなく、登場人物たちのそんな想いを会話から感じつつ読む話だと思う。 むしろその辺りは不条理ものと割り切ったほうがよさそうだ。 なので、個人的には気にしなくていいレベルかと。
中学生の頃、ある企業の商品開発の様子を示すドキュメント番組を見たことがあります。そこでは、女子高生の意見を取り入れて商品開発を行っていました。担当者の言うことには、子供の新鮮な発想を取り入れることによって、売れる商品を開発できるということでした。
それを見てボクは思いました。あんたも昔は子供だったじゃん!何で今は同じ発想ができないの?ボクは、大人になっても子供の視点を失わない人間でいよう、と。
子供の頃、親に対してムカついても、実際にそこから逃げ出そうとはなかなかしない。なぜなら、そんなことをすれば一発で生活ができなくなることを知っているから。結構、したたかなんです。
そんな頃を思い出すお話です。
15歳の少女の揺れる心や大人に対する反抗心などが素直な言葉で書かれていてよかったと思います。登場人物も個性的だけど、共感できる面があって好感が持てます。不思議なお話で読むほうも登場人物と一緒にハラハラする場面もあり、一気に読めるお話です。イラストレーターの高野音彦さんの絵も作品の世界にあっていていいと思います。しかし、最後のまとめ方等には難があり、読後感を損なってしまっているのがもったいなかったと思います。
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

スタッフィのサイトです。

スタッフィのサイトです。